I am Mackenzie

This is who am I

How to make Turban Shell Candle

こんにちは、Mackenzieです。

この前海へ行ったときに、海の近くの市場でサザエの貝殻をもらってきたのでそれでキャンドルを作りました🕯

今回はその作り方をご紹介します🐚

私は最近、UVレジンのアクセサリーやキーホルダー作りにはまっていて、それに使えるかなと思ってサザエの貝殻をもらってきました。

でも、大きいのでどうやって使えばいいのか見当がつかず…笑

そこでキャンドルを作ることにしました。

作り方はとってもシンプルだし、30分あれば作れちゃうので超簡単です。

私はやりませんでしたが、色つきのキャンドルも作れますよ💕

作り方

用意する物

・サザエの貝殻

・ろうそく 4本程度

・砂 適量

・割り箸 2膳

・鍋

・(色をつける場合)お好みの色のクレヨン

下準備

下準備として、サザエを水洗いします。

私は一晩、水を張ったバケツに放置しておきました。

そして、乾かします。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820163211j:plain

① 砂を詰める

最初に、サザエに砂を詰めます。

サザエは深さがあります。

下までロウを入れるとなると大量のロウが必要になってしまうので砂を入れておきます。

だいたい2cm〜3cmほど空くくらいまで、指などで押しながら入れます。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820163239j:plain

②ロウを溶かす

ろうそくを火にかけて溶かします。

今回は4本分を溶かしました。多いかなと思っていましたが、砂にも染みるのでちょうどいい量でした。

溶けたら芯を取り出します。芯は一本使用します。

もし色をつけたい場合はここで、クレヨンを削って入れます。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820163522j:plain

③芯を立てる

先ほど取り除いた芯を適当な長さに切り、まずは砂に刺します。

そして割っていない割り箸で挟んで固定します。

ここで砂に完全に刺せていなくても大丈夫です。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820184304j:plain

④ロウを注ぐ

芯を動かさないようにしてロウを注ぎ込みます。

夏だとまだ大丈夫なのですが、冬だと注いでいる途中でロウが固まってしまうことがあるので気をつけてください。

ちなみに、固まってしまったロウは再び火にかけるとまた溶けます。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820184418j:plain

⑤冷やし固める

芯がしっかり立っていることを確認して固めます。

速く固めたいという人は冷蔵庫に入れるのもいいかもしれませんが、常温でも固まります。笑

※写真は固まる前の状態です

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820184914j:plain

⑥完成

今回は色なしでやりましたが、サザエの内側の乳白色とマッチしていていい感じになりました。

砂の色も出ませんでした。

本当に簡単で、誰でもできると思うので夏の思い出に作ってみてください😊

他の貝殻(例えば真珠貝のような形)でも、窪みがあればできると思います。

また、砂はロウが固まった後でもサラサラと中で音がするので、もし気になる場合は紙粘土を使って埋めてもいいのかもしれませんが、実際にやっていないのでどうなるかはわかりません。

 

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820185455j:plain

 

このキャンドルは芯も短いのでインテリアとして使うと思いますが、もちろんちゃんと火は着きます。

 

幻想的で素敵でした✨

作ってみた!という感想や質問、リクエストなどお待ちしています。

f:id:Mackenzie_xoxo:20170820185931j:plain